プロアクティブな 精密な 新しい世代の ベンダー監視ツール

組織のエコシステムから 脆弱性を識別・管理

Sling プラットフォームは、ブランド、ネットワーク、パートナー、関連する組織など、多種多様なアセット検出とエンドツーエンドのマッピングを行います。サイバー犯罪ソースと、アタックサーフェス・モジュールを使用して検出した資産をスキャニングし、脆弱性の有無を判定します。その結果に基づき、社内のスコアリング・アルゴリズムを使って攻撃を受ける可能性を算出します。

01

最先端の脅威インテリジェンス

Sling の豊富なサイバーインテリジェンス・ネットワークによって、ローカルとグローバル、両方の観点から脆弱性と脅威を深く把握することができます。この知識を革新的なテクノロジーや継続的な監視と組み合わせることで、お客様のビジネスの安全を維持しています。

02

エンドツーエンドのアセットマッピング

サイバーセキュリティでは、ビジネス資産、顧客、パートナー、ネットワークインフラストラクチャのどこにリスクがあるのかを把握することが何より重要です。Sling のエンドツーエンドマッピングでは、現行のサイバーセキュリティ状態を明確に把握できます。

03

アタックサーフェスの継続的な監視

サイバー脅威は常に進化しており、効果的な防御も動的に変化させる必要があります。Sling では、リスクプロファイルやサイバー脅威の発生や重大度の変化を積極的に検出するプロアクティブ監視を提供しています。

Sling の強み

Sling はリスク査定の主要なパラメータとして、脅威インテリジェンスの機能を最も重視しています。自社開発のテクノロジーによって、優れたサイバー犯罪脅威インテリジェンス(CTI)と、継続的エクスターナル脅威モニタリング(CETM)を組み合わせ、クライアントのネットワークやサイバーインテリジェンス・リスクを積極的に常時監視します。弊社のプラットフォームは複数のソースやダークネット・プラットフォームへのアクセスを活用し、クライアントのオンライン上の状態を継続的にスキャニングおよび分析します。Sling はアクティブスキャンを行わずに、高度なクローラーを使って初期アクセスブローカー、ランサムウェア攻撃の可能性、クライアント側の重大な脆弱性を検索します。

対処に直結するスコアで
曖昧な対策を回避

御社のスコアを確認いただけます。

72時間以内に連絡いたします

日本のお問合せ先:

japan.sales@sling.insure

アドレス:
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目6−2 新丸の内センタービルディング 20F

オフィスTEL:
03-6634-7836

ポートフォリオの把握

お客様は自社のポートフォリオ全体を常に追跡し、露出を総合的に管理することができます。